有隣病院のご紹介

社会福祉法人東京有隣会『有隣病院』は、昭和15年に開設、昭和27年に社会福祉法人となりました。「療養型病院」として「高齢者医療」を中心に行っている「地域密着型病院」で、現在では一般病棟・療養病棟・回復期リハビリテーション病棟を有しております。同法人の関連施設として介護施設とともに、長年にわたり地域の高齢者医療に向き合ってきました。平成26年には「回復期リハビリテーション病棟」を開設し、また平成31年3月には同病棟を拡張いたしました。現在、私たちは地域の方々にご利用いただける、貢献できる病院を目指しています。高齢者の人生に学び、その学びから高齢者の人生を支援できる、そんな喜びを感じられる病院でありたいと思っています。

院長からのご挨拶

有隣病院は、近隣の方々への外来診療と、入院施設としては、主に慢性期療養、回復期リハビリテーション機能などを備えた慢性期療養型病院です。有隣病院は1940年に開設され、幾多の変遷を経て現在に至り、76年の歴史を有します。『有隣』という名は病院設立時に付けられた名称ですが、「徳は孤ならず隣あり(徳のある人の周囲には同類のものが自然に集まること)」という論語に由来します。現在の状況に照らし合わせると論語の中の「徳のある人」とは、社会や家族に多大なる貢献をして来た高齢者の方々と考えられると思います。また、超高齢社会を迎えたわが国の高齢者をめぐる医療やケアは、様々な領域の専門職者(医療、介護、行政など)が集まり連携することで可能となります。『有隣』の理念は、現代の高齢者をめぐる医療・介護状況にも通ずる事ではないでしょうか。少子高齢化は国際的な課題ですが、高齢者に対する医療は、高齢者の生理的な予備能の低下などを加味した「フレイル」という概念が必要であることが最近、国際的にも、また日本老年医学会等からも提言されています。更に、高齢者は疾病の特徴として、多病性、多様性であり、成人と比較して治療への反応の違いなども考慮しなければなりません。しかしながら、これらのことは医療としても、学問としても、医療制度としても、対人間への対応は未だ課題を残しているのが現状です。有隣病院として、今後もこれらの課題を考慮しながら医療提供を心がけていきたいと思います。現在、有隣病院は以下のような診療体制をとっています。

外来診療:内科(呼吸器、循環器、消化器、代謝糖尿病、禁煙外来)、神経内科、整形外科、リハビリテーション科、外科、眼科、泌尿器科、歯科・口腔外科、放射線科などがあります。更に、女性スタッフによるウイメンズ・フライデー(金曜日)と称した乳腺・子宮がん検診を実施しています。消化器・内視鏡検査、一般検診(個人・企業・日帰り人間ドック)も実施しています。近年、訪問リハビリテーションにも力を入れており、おかげさまで地域の方々に好評を得ております。脳血管、運動器、呼吸器のリハビリテーション、廃用症候群についてのリハビリテーションについて施設基準Ⅰの認定を得ております。

入院病棟:一般病棟50床、回復期リハビリテーション病棟98床、療養型病床2病棟で103床を有しております。急性期病院等の他病院との連携を密にし、同時に地域の方々の要望に沿い、入院患者を積極的に受け入れております。また、当院の属する社会福祉法人東京有隣会には、同一敷地内に2つの特別養護老人ホームがあり、他に世田谷区立の特別養護老人ホームとの提携病院としてホームからの入院も受け入れており、地域の方々の医療・療養への貢献を目指しております。

スタッフ一同、『有隣』の理念を持って、志高く質の高い医療・ケアの提供を心がけています。

院長 工藤 宏一郎

看護部長からのご挨拶

有隣病院は昭和15年からと歴史も長く建物も老朽化がみられますが、病院に一歩入りますと職員による環境整備がとても良くゆきとどき、廊下は塵1つありません。私たち看護師・介護士・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士は、常に清潔で丁寧に環境整備された病棟やリハビリテーション室でケアを提供しております。当院は地域のみなさんが安心して安寧に在宅で過ごしていただけるよう、各スタッフ一丸になり、在宅にお戻りになれるお手伝いをしております。地域の在宅医療の先生方、訪問看護師さん・介護士さんとも連携をとり、在宅でも患者さん・ご家族の望まれる医療提供を目指し、努めてまいります。自分の時間も大切にしながら、地域住民のみなさんに「この地に在ってほしい病院」「この病院のケアを受けたい」と言っていただけるよう取り組んでおります。

看護部長 浜本 奈美江

リハビリテーション室 室長からのご挨拶

「有隣病院」の「強み」はなんと言っても『リハビリテーション体制の充実』です。高齢者の在宅復帰・在宅療養支援に本気で取り組むため、入院中のリハビリだけでなく、外来リハビリや、訪問リハビリにも力を注いでいます。有隣病院のリハビリ室には、「約70名もの職員が在籍」しており、「呼吸療法認定士」「心臓リハビリテーション指導士」「糖尿病療養指導士」「認知症ケア専門士」といった「有資格者」も在籍しています。
座る・立つ・歩くといった「日常生活に必要な基本的動作の回復」を図り、より安全に行なえるように病気やケガの状態に応じて多方面からアプローチする『理学療法士(PT)』。入浴や食事などをはじめとした「日常生活の動作」や、作業やレクリエーションなどを通して、「身体だけでなく精神的なリハビリテーションも合わせて身体と心の回復」を図る『作業療法士(OT)』。失語症や構音障害の方に対し、コミュニケーションに必要となる「聞く・読む・話す・書く」練習や、安心して食事をするための嚥下訓練、さらには「嚥下造影検査」にも関わる『言語聴覚士(ST)』が中心に日々のリハビリを行っています。有隣病院のリハビリ室では、これらリハビリテーション関連スタッフが一丸となり、患者さんの在宅復帰を支援します。その人らしい生活の再構築を患者さん・ご家族と共に考え、計画的でゆとりのあるリハビリテーションを提供しています。そしてスタッフ一同は常に自己研鑚し、人間性と専門性の向上を図り、より良いチームアプローチによる安全で質の高い医療を提供し続けることができるよう、日々、努力を怠りません。これからも有隣病院では、誠心誠意、こころのこもったリハビリテーションを提供していきます。

リハビリテーション室 室長 藤田 淳